※今回のテーマはたいちがキリスト教の教えの裏的な物を見てしまい、一時的に気が狂い語彙力が低下しているため少しわかりにくくなっている可能性があります。



Unknown-1




最近タダ飯欲しさに友人とキリスト教系のイベントに行ってたんですけど、歴史を学んでるうちに怖くていけなくなっちゃって。。。。正義って何?絶対って何?みたいな感じで洗脳されていく感覚があったんですよ。。。ちょっと今回過激な事書いちゃってますけど大目に見てね。


奴隷継続か否かで幕を開けた南北戦争も終わりを迎え、リンカーンが唱える『黒人奴隷の開放』を全米で推進していくように促された約80年前。それでも南部の州では引き続き白人至上主義が続き、黒人に対して様々な制限や差別を繰り返していた。

ジムクロウやブラックコードと言う白人が作った黒人イジメを目的とする法は終戦を迎えた1865年から
1960年代まで続いていく。表面的には全種族が平等になった今のアメリカだからこそ、当時の境遇について懸念を持つ人も増えてきたものの、当時の白人は一部の例外を除いてほとんど黒人をひたすらイジメ抜く割とサイコパス的な法律についてなんの違和感も持たなかったのである。 特に私が住むテネシー州では白人至上主義を貫く過激派組織、KKKの発祥地でもある為、未だに黒人の市民権に対して異論を唱える人もいるのだ。家畜として飼っている牛や豚が突然人間の言語を喋りだして、人権について語りだしたら気味が悪いでしょ?そんな感覚らしい。


平和ボケした俺の感覚だと他国の土地を侵略して女、子供を虐殺しまくって植民地化したら罪悪感が出ると思うのね。でも当時の白人様はそんな考えなんて持たない。むしろ非白人劣等民族の領土を植民地化することによって文明をもたらすことを、神様から与えられた『明白なる天意』通称、マニフェストデスティニーと言って正当化する。言葉を言い換えると『偉大なる俺ら白人様がお前らの醜い土地を制圧して文明(白人にとって都合のいい)を作ってやるんだから感謝しろや劣等種族。』というジャイアン理論を平気で貫き通す。アメリカはこうしてどんどん領土を拡大していった。いったいどういう神経をしていやがるんだ??


以前の『宗教』というテーマでも話したことがあると思うが、南部の白人はキリスト教の信仰心が強い。 
宗派によって多少の誤差はあると思うが基本的にはイエス・キリストを神様として崇拝をしていく形を取っている。聖書によると「全ての人間を含む生物や惑星などは全てイエス様によって作られた」という記述と同時に「すべての国(日本や中国などのキリスト教があまり精通してない国も含む)もジェネシスによって作られた。」とも書かれている。彼らは幼少期からこの教えを受けているため、素直な気持ちで信じている。







ところでイエス・キリストは『白人』である。

つまり我々の祖先は『神様』だったのである。

我々は神の生まれ変わりなのである。

我々が創造主であり、黒人やアジア人などの劣等種族を神様(白人)によって正しい方向へ導かなければならない。

だから我々は正義の心で侵略し、新たな文明を作らなければならない。 

神様は我々の味方だ! 正義は我らにあり!




いやもうお前らが語る正当性って何??同じ人間を約100年間家畜以下の存在としていじめ抜いてきたお前らの正義って何??人殺しても土地燃やしても正義の一言で解決できるお前は何??原爆落としといて歴史の授業でアメリカは正しかった!って言える神経って何?





人間ってバックに権力とか宗教とかつくとサイコパスにでもなるの???





それとも集団心理の恐怖なの?







正義というのは勝者のことであり、正義は必ず勝つ!というのは勝者は必ず勝つ!という意味である。

当たり前である。


歴史と言うのは勝者によって全て描かれるものである。ほとんどのアメリカの世界史ではヒトラーを大犯罪者として吊し上げ、未だに "Remember Pearl Harbor!"という名の下、敗戦を喫した枢軸国は大悪党であるかのように教科書に書かれる。もちろんアメリカがやってきた罪など殆ど乗らない。




ていうか「正義のヒーロー」に汚点など無い。
 







ごめん本当に気が狂う。